トップボッテガヴェネタ
 次のページ
人気ブランドグッツ
ルイ・ヴィトン新入荷バッグ財布キーケース | | ヴィヴィアンウエストウッド新入荷バッグ財布アクセサリー | | エルメス新作バーキンケリー財布スカーフ | | グッチ新作バッグ財布腕時計キーケース | | シャネル新作バッグ財布ピアス香水 | | クロエ新作パディントンシルベラード財布 | | コーチ新作コーチバッグポーチ財布キー | | プラダ2007年春夏バッグ財布 | | ミュウミュウ新作バッグ財布カチューシャ | | バレンシアガ新作ザ・ツィギーザ・ディ財布 | | ボッテガヴェネタ2007年春夏バッグ財布 | | カルティエ財布ティファニードルチェ&ガッバーナ財布 | | フェラガモ財布フェンディ財布 | | クリスチャン・ディオール財布

▼スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トップスポンサー広告

▼2007年新作 ボッテガヴェネタ トートバッグ



2007年新作ボッテガヴェネタ トートバッグの詳細・購入はコチラ


参考定価 165,900円 のところ
価格 125,800円 (税込132,090円) 送料別


「イントレチャート」と呼ばれる革をメッシュ状に編む技法を用いたライトピンクのトートバッグ。
ゴールドのはと目カンを配したストラップは長さの調節ができ、一番長くすればショルダーとしても使えます。
スエード革で裏打ちされた内側は、ファスナーポケットと携帯電話用ポケットがあり、コンパクトミラー付き。
上質な素材を使った確かな逸品は、本物を知る大人の女性にお勧めです。
スポンサーサイト

トップボッテガヴェネタ

▼2007/2008年秋冬新作ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta) スナップボタン式二つ折り長財布



2007/2008年秋冬新作ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta) スナップボタン式二つ折り長財布の詳細・購入はコチラ


価格 57,800円 (税込) 送料別


2007/2008年秋冬新作、ボッテガベネタの2007年秋冬最新作
丁寧に編み込まれたメッシュレザー(イントレチャート)を使用した二つ折り長財布です。
カラーは落ち着いた雰囲気のライトブラウン。
とても柔らかく、上質なレザーを使用しています。
カード入れやスリットも豊富で、ファスナー式小銭入れも二層式になった実用的なデザインも魅力です。
開閉にはスナップボタンを使用し、程よい大きさの使い易いアイテムです。
内側には「BOTTEGA VENETA」ロゴの型押し入り。



トップボッテガヴェネタ

▼BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ) 長財布 2007年秋冬ピンク



BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)長財布(2007年秋冬ピンク)の詳細・購入はコチラ


価格 72,000円 (税込) 送料別


BOTTEGA VENETA(ボッテガ・べネタ)

ボッテガ・べネタ2007年秋冬新作長財布です。
ラウンドファスナーの小銭入れつき
山羊革をたっぷりと使い、素材の良さを実感出来ます。



トップボッテガヴェネタ

▼35%OFF 激安 新品アウトレット 送料無料 BOTTEGA VENETA(ボッテガベネタ)ショルダーバッグ



【35%OFF 激安 新品アウトレット 送料無料】BOTTEGA VENETA(ボッテガベネタ)ショルダーバッグの詳細・購入はコチラ


当店通常価格 178,500円 (税込)
価格 116,000円 (税込) 送料込

ファッション誌などでは常に最新の情報が出るくらいの注目を集めている「BOTTEGA VENETA」
イタリアの高級革製品ブランドで、やわらかい「なめし革」のメッシュバッグで有名です。
手作業で一つ一つの工程を丁寧に作り上げられるため、その出来上がりはシルクにたとえられることもあるほど。
細部に施されたイントレチャート (1枚の革シートに切り目をいれ、そこに帯状の革を編みこんで作るもの)が特徴のひとつともいえます。
現在ではグッチの傘下に入り、より斬新的なデザインを多く取り入れたデザインが多くの支持を受けています。

こちらの商品はアウトレット商品です。
ヨーロッパでは少し発売時期を過ぎてしまった商品 などが、
直営店から安価で直販店へ卸されアウトレット商品として販売されております。
アウトレット商品といっても‘傷モノ’でも 中古でもなく全くの‘新品’ですのでご安心下さい。
■ 展示品多少の使用感、小さな傷などが入っている場合がございます。
■ 箱はあまりキレイではないものもございます。





トップボッテガヴェネタ
 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。